ビーグレン 新しい QuSome(キューソーム)ローション

MENU

2016.10ビーグレンの新しいローション QuSomeローションがすごい

ビーグレンが2016.10.3に発売開始した画期的な化粧水 QuSome(キューソーム)ローションは、従来のローションと違って、とにかく保湿効果が長く続くと口コミでも評判になっています!

ビーグレン 新ローション2016.10.3 

 

結果を出せるコスメとして芸能人の間でも愛用者が増え、タレントの安田美沙子さん、ブロガー・タレントとして活躍中の船田真妃さん、レーザーラモンHGの奥さんでもあるタレントの住谷杏奈さん達もブログでビーグレンを紹介しています。

※ ビーグレンはタレントを使って広告をしていないので、あくまで一個人としてビーグレンを使用されての口コミです。

 

新しいビーグレンのローションもかなり注目されてます!

 

新ビーグレン QuSome(キューソーム)ローションの特徴

肌に潤いが足りないと老化現象がどんどん加速するし、いくら美白ケアやアンチエイジングケアに高価な成分を使っても、成分が肌の隅々まで届けられないので、当然効果は出ず…。

女性 乾燥肌

 

一般的なローションの問題点
● 脂溶成分が肌の奥まで浸透しない  例)セラミド
● スキンケア効果がだいたい15分程度しか続かない

 

そんな中、新しいビーグレンの化粧水 QuSome(キューソーム)ローションは、それらの問題点を改善し、特に保湿力のすごさがすごいと評判になっています。

 

QuSomeローションここがすごい♪
1.浸透力が36倍、保湿力が6倍アップ
2.細胞レベルで潤いのキモ=セラミドを増やし、定着させ、心地良い環境を作る
3.3つのアンチエイジング成分配合
 VCエチル、EDP3、ゲンチアナ根エキス

 

もちろんすべての美容成分がQuSomeカプセルで包まれ保護されて、グググイッと肌の奥まで浸透!

 

詳細を1つずつ説明していきます。

 

@ 浸透力36倍、保湿力6倍アップで潤い持続力17時間!

ローションが長時間ずっと、できれば朝から夕方まで潤ってくれたらどんなに良いでしょう!!

 

この願いを叶えるQuSomeローションのために開発された技術が、Charged Qusome(チャージドキューソーム)です。

 

【Charged Qusome(チャージドキューソーム)のメカニズム】
ビーグレンのローションは、従来のQuSome(キューソーム)技術で、すでに一般のローションより優れた浸透性があったのですが、QuSome(キューソーム)カプセルに+イオンを帯電させました。角層から表皮層部分は−イオンを持つので、美容成分がしっかり結びついて長時間とどまることが可能になったのです。

 

これによって、ローションの浸透力と保湿効果を格段にアップさせ17時間も保湿効果が続くようになりました。

 

A セラミドを中から増やし定着させ適した環境まで作る!

潤いが持続する肌とは、セラミドが多い肌です。最近スキンケアでセラミド入りって山ほどあるけど、セラミドは外から与えても効果がすぐに消えて長続きしない成分です。でもセラミド入りって書いてあるとなんか肌に良さそうで買ってしまいますよね。

 

よく目にするセラミドって何でしょう?

女性 セラミド

セラミドは角質層で細胞と細胞の間にあって水分を溜める働きをしています。タイルとタイルをくっつけているセメントのようなものです。しかし紫外線や加齢によってセラミドの量がだんだん減ってしまうと、肌はスカスカ状態になって水分がどんどん蒸発しやすくなり、乾燥肌や小じわの原因になります。

 

それなら、外から与えるのではなくセラミドを細胞レベルで増やし、育て、定着させよう!という発想で作られたのがQuSomeローションです。

 

  • セラミドを肌内で作リ増やす
  • 2015年に開発された保湿型ビタミンC誘導体でセラミドを作り出す効果

  • セラミドを定着させる
  • アッケシソウエキス、ホメオシールドによって細胞1つ1つの膜を強くし安定させてセラミドを定着させる効果

    ビーグレン 新ローション2016.10.3 成分

  • セラミドが好む環境を作る
  • アクアタイド(ペプチドの一種で別名ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12)という、元々体内にある成分で、加齢によって衰えていくオートファジー機能を活性化させ、細胞内の不要なごみを排出させたり、外から与えられた水分を捕まえて内部に引き込む効果

 

薬剤師

2016年ノーベル生理学・医学賞受賞された大隅良典教授で、一気に有名になったオートファジーとは、細胞の中で古くなったタンパク質を膜で囲み、アミノ酸に分解して新たなタンパク質の原料としてリサイクルするというものでした。
ビーグレンは、アクアタイドという成分によって、不要になったものを細胞外に排出し細胞がもっと水を蓄えることができるようにすることで、保湿が格段に高まるようにしています。

 

ローションとゲルクリームに取り入れられたアクアタイド。さすが最新科学で結果を出すスキンケア作りをするビーグレンならではです。

 

B 3つの美白&エイジング効果も

まだまだ、QuSomeローションには潤い成分だけじゃなく、美白&エイジング成分も入っています!

  • VCエチル
  • ビーグレン 新ローション2016.10.3 VCエチル

    以前の美白ケア用のローションに入っていた美白型ビタミンC誘導体。一般のビタミンC誘導体の効果は怪しいですが、これは分離しなくてもそのままで即効性と持続性を発揮して、チロシナーゼの活性阻害だけでなく、プレメラニンが黒色メラニンへ変化する(重合化)も防止する美白のWブロック効果があります。

     

  • EDP3
  • ビーグレン 新ローション2016.10.3 EDP3

    有名なノーベル賞受賞成分 EGF(ヒトオリゴペプチド−1)と同じ働きをし、より副作用が少なく安全な成分。皮膚細胞内の成長因子に働きかけて、新しい細胞の再生、しわ改善のエイジングケア、ターンオーバーを整える効果があります。

     

  • ゲンチアナ根エキス
  • ビーグレン 新ローション2016.10.3 成分

    リンドウ科の花の根。紫外線等の外部刺激による炎症を抑え、肌老化を防ぐ効果があります。

 

女性 セラミド

これでもか!!!ってくらいに最新のテクノロジーと理論を詰め込んで作られたビーグレンの新しいローション。乾燥肌、アンチエイジング対策に、まずこのローションだけでも使ってみたいと思いました。

 

2016.10新ビーグレンのトライアル体験しました>>>

 

 

 

ビーグレン2016新QuSome(キューソーム)ローションの効果関連ページ

新たるみ・ほうれい線ケア用トライアル体験
2016.10.3に新しくビーグレンのQuSome(キューソーム)ローションの登場に伴い、ニキビケア以外のトライアルセットも一新しました。保湿効果が長時間続くという新しいローションをたるみ・ほうれい線ケア用のトライアルセットで試してみました。
目元ケア用トライアル体験
目の下の小じわ、笑ったときの表情じわが気になるのでがビーグレンの目元ケア用トライアルセットを購入して体験してみました。7日でどんな変化が起こるのか楽しみです。
ビーグレン目元ケア体験1日の効果
ビーグレンはやっぱりちゃんと結果を出してくれるコスメです。顔全体の保湿力高まり、目元専用美容液の効果で目の下がふっくらしてしわも目立ちにくくなっています。毎日続けていけば目元が10歳若返るというのも嘘じゃないかも♪
トライアル購入1週間後に嬉しいお知らせ
ビーグレンって美白ケア、目元ケア、乾燥ケアに結果を実感できた私としては、効果には申し分ないのですが、やっぱりそれなりにお高いのがネック! そう思っていたらトライアル購入後に嬉しいメールが届きました。
トライルセット後の激安!初回限定セット
ビーグレンの2015年10月から始まった新しいサービスで、公式サイトからトライアルセット購入後に初回限定セットを購入すると激安価格になるというので早速購入してみました。
化粧水の美容成分
ビーグレンのしわ・エイジングケア用化粧水は、バリア機能を高めるために、ペプチド、ヒトオリゴペプチド、フカスセラツスエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸、乳酸桿菌等が使われています。
保湿ゲルクリームの美容成分
ビーグレンのニキビ・毛穴ケア用保湿ゲルクリームは、水分を肌に蓄える力を取り戻し、ハリ・弾力と回復させるためにヘキサカルボキシメチルジペプチド−12、ナンキョウソウエキス、乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液等を配合。べたつかずにすっきりしたゲルです。
エイジングクリームの美容成分
ビーグレンのしわ・エイジング用クリームには、肌のハリ・弾力を構成するコラーゲンやヒアルロン酸が作られる真皮層を活性化させるためのダイズ芽エキス、アセチルテトラペプチド−2、オリゴペプチド−6等が配合され、アンチエイジング効果が期待されます。
ディセンシアとビーグレンを比較する
敏感肌のしわ:エイジングができるスキンケアコスメのビーグレンとディセンシアを比較してみました。しわ・エイジングの即効性は?肌への刺激は?コスパは?
エイジングクリーム比較 ビーグレンvsディセンシアアヤナス
目元の乾燥が原因の小じわが気になるとき、顔全体の乾燥予防、保湿、エイジングに効果のあるエイジングクリームはどれでしょう。敏感肌にも使えると人気のビーグレンのエイジングクリームとPOLA折るビルグループ ディセンシア アヤナスのエイジングクリームを比較してみました。
深いしわ・フェイスライン・二重あごケア
ビーグレンの特徴QuSome(キューソーム)は美容成分を確実に肌の奥まで届ける浸透技術。そのQuSomeを使った深いしわ・フェイスラインのたるみの改善が期待できる2つのアイテムができました。
電話で勧誘はある?
通販で何かを購入すると、その後、しつこく電話での勧誘でうんざりすることがありますが、ビーグレンはどうでしょうか。ビーグレンは電話での販売・勧誘は一切していません。こちらから質問しない限りは電話はかかってきませんが、購入すると使い方や注意点を紹介するメルマガは送られてきます。もし嫌だったら配信停止をすればOKです。
最安値で購入できる方法とは?
ビーグレンはネットでしか購入できません。楽天やAmazonにも出店していませんが、個人業者が転売している場合はあるようです。確かにそこでは定価より安く購入できますが、デメリットもあるので気をつけましょう。お得なビーグレン製品の購入方法を紹介します。
保湿力・乾燥肌改善 ビーグレンvsライスフォース
保湿力の高いビーグレンとライスフォースの乾燥肌ケアアイテムで、どちらがより保湿効果、乾燥肌改善効果が高いかを比較したら、ビーグレンが上でした。即効性と細胞レベルで肌改善が期待できます。