ビーグレン 電話勧誘はあるか?

MENU

ビーグレンは電話勧誘は一切していません

通販でスキンケア製品を購入すると、必ずと言っていいくらい購入をやめると電話勧誘があります。
また使いたくなったらこちらから連絡をするので、放っておいてほしいと思っても、キャンペーンがあるごとに電話をされて困ることもしばしば・・・

 

ビーグレンは、ネット販売のみで購入できるので、しつこい電話勧誘とかダイレクトメールが来ると困るなと思っていたのですが、そういう心配はありません。

 

まず、ビーグレンはこちらから電話で問い合わせ等をしない限り、向こうから電話がかかってくることはありません。そして、ダイレクトメールは年に数回、あるかないか・・・その程度で全く気になりません。だから、安心して購入してだいじょうぶです。

 

スキンケアコンサルタント

今回、目元ケア用トライアルを購入したら、毎日メルマガが届きました。が、次にこれを買って!というものではなく、正しく使うためのアドバイスや注意点が書かれていました。特に、早く効果を実感するためには、1回の使用量を正しく守らないといけないという点が強調されていました。

適量を使わずに、効果が出ない・・・では残念ですからね。

 

トライアルはもちろん、その後、製品を購入してからも、何度もリピした後でも、すべての製品が1回は全額返金保証の対象です。もし、セット購入したら、返品分だけ計算して差し引いて返金してくれます。
その時は必ずこちらから電話する必要があります。

 

それ以外は、特にスキンケアコンサルタントへの質問もなければ、ビーグレンの人と電話で話す機会はありません。
しつこい勧誘はないので、安心して購入して大丈夫です。

 

 

ビーグレンはしつこい電話での販売・勧誘はある?一切ありません関連ページ

ビーグレン新QuSomeローションがすごい
2016.10に登場したビーグレンの新しいQuSome(キューソーム)ローションは浸透力36倍、潤い持続力が6倍になって17時間保湿効果が続くと人気!さらにセラミドを肌内で作り育て育てる成分、オートファジーを具現化したアクアタイド・・・と最新の科学とテクノロジーの宝庫でアンチエイジングにぴったりです。
新たるみ・ほうれい線ケア用トライアル体験
2016.10.3に新しくビーグレンのQuSome(キューソーム)ローションの登場に伴い、ニキビケア以外のトライアルセットも一新しました。保湿効果が長時間続くという新しいローションをたるみ・ほうれい線ケア用のトライアルセットで試してみました。
目元ケア用トライアル体験
目の下の小じわ、笑ったときの表情じわが気になるのでがビーグレンの目元ケア用トライアルセットを購入して体験してみました。7日でどんな変化が起こるのか楽しみです。
ビーグレン目元ケア体験1日の効果
ビーグレンはやっぱりちゃんと結果を出してくれるコスメです。顔全体の保湿力高まり、目元専用美容液の効果で目の下がふっくらしてしわも目立ちにくくなっています。毎日続けていけば目元が10歳若返るというのも嘘じゃないかも♪
トライアル購入1週間後に嬉しいお知らせ
ビーグレンって美白ケア、目元ケア、乾燥ケアに結果を実感できた私としては、効果には申し分ないのですが、やっぱりそれなりにお高いのがネック! そう思っていたらトライアル購入後に嬉しいメールが届きました。
トライルセット後の激安!初回限定セット
ビーグレンの2015年10月から始まった新しいサービスで、公式サイトからトライアルセット購入後に初回限定セットを購入すると激安価格になるというので早速購入してみました。
化粧水の美容成分
ビーグレンのしわ・エイジングケア用化粧水は、バリア機能を高めるために、ペプチド、ヒトオリゴペプチド、フカスセラツスエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸、乳酸桿菌等が使われています。
保湿ゲルクリームの美容成分
ビーグレンのニキビ・毛穴ケア用保湿ゲルクリームは、水分を肌に蓄える力を取り戻し、ハリ・弾力と回復させるためにヘキサカルボキシメチルジペプチド−12、ナンキョウソウエキス、乳酸桿菌/ローヤルゼリー発酵液等を配合。べたつかずにすっきりしたゲルです。
エイジングクリームの美容成分
ビーグレンのしわ・エイジング用クリームには、肌のハリ・弾力を構成するコラーゲンやヒアルロン酸が作られる真皮層を活性化させるためのダイズ芽エキス、アセチルテトラペプチド−2、オリゴペプチド−6等が配合され、アンチエイジング効果が期待されます。
ディセンシアとビーグレンを比較する
敏感肌のしわ:エイジングができるスキンケアコスメのビーグレンとディセンシアを比較してみました。しわ・エイジングの即効性は?肌への刺激は?コスパは?
エイジングクリーム比較 ビーグレンvsディセンシアアヤナス
目元の乾燥が原因の小じわが気になるとき、顔全体の乾燥予防、保湿、エイジングに効果のあるエイジングクリームはどれでしょう。敏感肌にも使えると人気のビーグレンのエイジングクリームとPOLA折るビルグループ ディセンシア アヤナスのエイジングクリームを比較してみました。
深いしわ・フェイスライン・二重あごケア
ビーグレンの特徴QuSome(キューソーム)は美容成分を確実に肌の奥まで届ける浸透技術。そのQuSomeを使った深いしわ・フェイスラインのたるみの改善が期待できる2つのアイテムができました。
最安値で購入できる方法とは?
ビーグレンはネットでしか購入できません。楽天やAmazonにも出店していませんが、個人業者が転売している場合はあるようです。確かにそこでは定価より安く購入できますが、デメリットもあるので気をつけましょう。お得なビーグレン製品の購入方法を紹介します。
保湿力・乾燥肌改善 ビーグレンvsライスフォース
保湿力の高いビーグレンとライスフォースの乾燥肌ケアアイテムで、どちらがより保湿効果、乾燥肌改善効果が高いかを比較したら、ビーグレンが上でした。即効性と細胞レベルで肌改善が期待できます。